今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション/山口県宇部市 山口県宇部市/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
TOP 病院概要 診療科目・時間 通所・訪問リハビリテーション 交通アクセス
メニュー/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
ご挨拶
診療科目・時間
施設案内
スタッフ紹介
通所・訪問リハビリ
よくあるご質問
お問い合わせ
関連リンク
当サイトについて
個人情報保護方針
   
整形外科ってどんなことするの/今釜整形外科
院長の活動/今釜整形外科
 
  矢富 敏肆氏 (直筆原稿)  
   
 私は今釜通所リハ利用者の一人です。年齢は65歳。高齢者の
多い利用者の中では鼻たれ小僧です。人生の先輩諸氏に励ま
され、元気づけられています。食糧難を始めとする戦中戦後の
苦労話や激変する現代社会にたくみに適応するたくましさなど、
毎日教えられることが沢山あります。
 私がここに通所したのは、平成19年6月です。左半身麻痺で不
自由な日常生活のリハビリのためです。私は、2年前の夏、脳梗
塞で倒れました。山大医学部集中治療室で応急手当を受けた
後、右脳動脈のバイパス手術を経てその後3箇月間同病院で寝たきりの生活を送りました。その後
、山口リハビリテーション病院に転院後自宅療養できるまでに回復したので退院し、自宅で自主的リ
ハビリを始めました。この頃はベッドサイドに立ち、つたい歩きをするのがやっとです。洗顔、トイレ、
食事は一人でできたものの、入浴、散歩は、妻の介助が必要でした。理学療法士作成のリハビリメ
ニューでストレッチや筋力アップに取り組んでいましたが、甘えと孤独とばかばかしさで長続きしま
せん。自宅での自主的なリハビリの限界を感じていた私は、開設されたばかりの今釜通所リハの第
1号利用者となりました。
 入所時の身体状況は次のとおりです。麻痺した左腕は、脇に
密着し肘から先は内側に曲がったままで5指はグーのままで開
きません。両足は筋力の低下と倦怠感で休まずには5分と歩け
ません。 階段の上がり下りは左右の足を交互に出せず、両足を
そろえてから利き足を前に出さねばなりません。横断歩道は、青
信号の時間内に渡れません。
 そこで通所リハでのリハビリの目標は、<1. 車椅子無用>
<2.ステッキ無用><3.一人で入浴><4.自由に使える左腕>
<5.里山ハイキング><6.ホノルルマラソン>としました。6月から週2回ずつ半年通いましたが、通
所を途中で止めようと思ったことは一度もありません。
 楽しかったこと を思い出すままに書き出してみましよう。明るく熱意あふれるスタッフのみなさん
は、利用者の気持ちや希望を敏感につかみ、その意欲や主体性を引き出し、我々利用者を乗せる
のがうまいのです。つい乗せられてカラオケのマイクを握ったり、リズム体操の臨時インストラクター
になったりする。豚もおだてりゃ木に登るというわけです。
 通所リハビリを開始してからの身体能力の改善度は、次のとおりです。
 
 
リハ開始時
3ヶ月後
6ヶ月後
 30mスロープ 昇
1分6秒
33秒
30秒
    〃     降
1分16秒
42秒
33秒
 ボタンかけはずし
15分45秒
11分15秒
8分34秒
 豆拾い
 
6分5秒
12分30秒
 片脚起立  右
3,4秒
56,3秒
55,8秒
   〃     左
2,4秒
4,57秒
2,75秒
 Time up&go
18,4秒
13,1秒
14,9秒
 長座位体前屈
 
28cm
41cm
 ファンクショナルリーチ
16cm
38cm
28cm
 下肢CKC 右
613 N
604 N
684 N
    〃   左
280 N
365 N
387 N
評価は患者さん自身が簡単にでき、目標となるものにしました
 
 
 現在の心境は、リハビリ目標を速やかに達成してはやく卒業
たいという気持ちと、もう少しここでのリハビリ生活を楽しみなが
ら真の社会復帰に向けての十分な助走期間を取りたいという気
持ちが半々です。今後は、当初のリハビリ目標達成に向けて全
力を尽くしたいと思います。
平成19年12月21日(金)
   
       
   
医療法人社団 今釜整形外科 通所・訪問リハビリテーション  〒755-0072 山口県宇部市中村2-6-11  TEL 0836-21-1133
Copyright(C) 2007-2015 Imagama Orthopaedic Clnic. All right reserved.
トップ 当サイトについて 個人情報保護方針 サイトマップ