今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション/山口県宇部市 山口県宇部市/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
TOP 病院概要 診療科目・時間 通所・訪問リハビリテーション 交通アクセス
メニュー/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
ご挨拶
診療科目・時間
施設案内
スタッフ紹介
通所・訪問リハビリ
よくあるご質問
お問い合わせ
関連リンク
当サイトについて
個人情報保護方針
   
整形外科ってどんなことするの/今釜整形外科
院長の活動/今釜整形外科
 
< 院内研修会 >
 
 
『個人情報取り扱い及び医療におけるプライバシー保護』
  「個人情報」とは、どのようなものなのか?
  どういったことを守らなければならないのか?
 
@ 個人情報の保護に関する法律では、「個人情報」とは存在
する個人に関する情報であって、その情報に含まれる氏名、生
年月日、特定の個人を識別することができるものを示します。
 
通所リハビリ 新田宏美
具体的には、まず生きている人に関する情報であって、その情報により個人を特定できるものとい
うことになります。 既往症、家族歴を始め、診察記録、処方箋、手術記録、看護記録、放射線画像
、検査所見記録、紹介状など最も機密に触れる情報です。
 
A 「個人情報」を取り扱う場合には、あらかじめ利用目的を特定し、さらにご本人に対し利用目的を
通知した上で特定した利用目的の範囲内で利用しなければなりません。当然ですが、違法な取得
は禁止されています。 新たな共同利用にあたっては、利用者の同意を得ることとします。
また、個人情報の取り扱いに苦情があった場合には、適切かつ迅速に対応するように努めなけれ
ばなりません。
 
プライバシー保護についても同様に「患者の権利宣言」として「秘密保護に関する権利」として
以下のような規定があります。
 
@ 患者の健康状態、症状、診断、予後及び治療に関する本人を特定し得るあらゆる情報、ならび
にその他全ての個人的情報の秘密は、患者の死後も守らなければならない。ただし患者の子孫が
自らの健康上の危機に関わる情報を知る権利は、例外的に認められる。
 
A 患者特定可能なデータは保護されねばならない。データの保護はその保存形態に応じて適切
に対応する。個人の特定が可能なデータが導き出される生体試料や標本も同様に保護しなければ
ならない。
a.個人データの安全管理として、職員は個人データを記録された書類、ノートパソコン、フロッピー
  ディスク、MDディスク、CD−ROM、USBメモリなど外部に持ち出してはならない。
b.業務上個人データが記録された書面等をFAXする場合は、宛先を十分確認した上で送信する。
c.保存期間の終了した個人データは、破損される前であっても利用してはならない。
  個人データ書類の破棄はシュレッターを利用する。
d.職員は、個人情報を厳守し、法人の有する利用者等の個人情報について退職後も開示しないこ
  とを契約しなければならない。
 
       
         
   
医療法人社団 今釜整形外科 通所・訪問リハビリテーション  〒755-0072 山口県宇部市中村2-6-11  TEL 0836-21-1133
Copyright(C) 2007-2015 Imagama Orthopaedic Clnic. All right reserved.
トップ 当サイトについて 個人情報保護方針 サイトマップ