今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション/山口県宇部市 山口県宇部市/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
TOP 病院概要 診療科目・時間 通所・訪問リハビリテーション 交通アクセス
メニュー/今釜整形外科/通所・訪問リハビリテーション
ご挨拶
診療科目・時間
施設案内
スタッフ紹介
通所・訪問リハビリ
よくあるご質問
お問い合わせ
関連リンク
当サイトについて
個人情報保護方針
   
整形外科ってどんなことするの/今釜整形外科
院長の活動/今釜整形外科
 
< 2010年2月 院内研修会 >
 
 
医療処置手順・緊急時対応マニュアルについて
介護を要する高齢者は医療処置を必要とする場合が多い。その内容もさまざまである。
 
1. 高齢者の心身と障害の特徴
加齢に伴って身体の生物学的諸機能は低下する。これを老化という。老化の
原因は不明であるが、皮膚が乾燥して シワが増え、視聴覚機能の低下や口
腔内は歯のぐらつきや欠損が増え、嚥下がしずらくなり、息切れや便秘、尿漏
れなどが増え骨が脆くなる。 また身体の反応が遅くなり、免疫機能の低下によ
り感染症への抵抗力が落ちる。また心の問題も複雑である。定年による失職、
<金ア准看護師>
兄弟姉妹や配偶者及び友人の他界などさまざまな喪失感がある。さらに健康状態の悪化による経
済的負担の不安や社会活動の減少、自信や存在価値を見失うなどの状態に陥ることが多い。この
ような高齢者の特徴を十分に把握し介護に当たる必要がある。
 
2. 健康状態のチェック
生命維持の正確な状況と傷病の進行度や重症度及び治療効果の反応度を把握するために、バ
イタルサインをみる。バイタルサインとは人が生きていくうえで最低限必要な生体情報のことで、一
般には体温・血圧・脈拍・呼吸などのことをいう。
 ・体温 :一般に明け方は低く夕方は高い。高齢者は気温に左右されやすい。
       片麻痺のある場合は健側で測る。
 ・血圧 :血圧は環境や測定法により容易に変化し、暖かい時は低く、寒いときは高くなる、
       また精神的興奮でも上昇し、食事、運動、入浴、疼痛、飲酒、喫煙でも高くなる。
 ・脈拍 :脈拍数、脈の強弱、リズムに乱れがないかを観察し、成人では1分間に60〜80回が
       正常値、100回以上を頻脈、60回以下を除脈という、脈拍数は加齢ともに減少する。
 ・呼吸 :急性期呼吸困難・喘鳴などが見られるときは観察と同時に原因把握、治療を行う。
       通常成人は1分間に15〜20回。加齢とともに減少する。
 
3. 高齢者に起こりやすい急変
高齢者の急性疾患の多くが組織の老化による多臓器障害を合併する。症状は多元性、多様性が
認められ病態が修飾されることが多い。
・意識障害・胸痛・窒息・誤嚥・せん妄・発熱・脱水・腹痛・嘔吐・吐血・下血・麻痺・血尿・めまい・
転倒・骨折・などが急変時の症状としてみられる。
 
4. 急変時の対応
高齢者にいつもと違うと感じられたらまずバイタルサインをチェック。次に状態の細かな観察。
バイタルサインに異常なければ安静臥床で様子を見る。 ・意識障害・胸痛・窒息・誤嚥・せん妄・発
熱・脱水・腹痛・嘔吐・吐血・下血・麻痺・血尿・めまい・転倒・骨折・などが急変時の症状としてみら
れる。異常があれば医療の判断を仰ぐ。明らかな原因がある誤嚥などの場合原因除去に努める。
呼吸停止、意識消失、心停止など。重篤な状態であれば直ちに救急搬送を依頼する。心停止の場
合は心肺蘇生を試みる。
   
   
医療法人社団 今釜整形外科 通所・訪問リハビリテーション  〒755-0072 山口県宇部市中村2-6-11  TEL 0836-21-1133
Copyright(C) 2007-2015 Imagama Orthopaedic Clnic. All right reserved.
トップ 当サイトについて 個人情報保護方針 サイトマップ